TOEIC

TOEICリスニング対策におすすめの倍速アプリ【英検1級が解説】

迷える若者
TOEICのリスニングはどうしてもスピードについていけないな。特に本試験では、速すぎて途中でばててしまう。どうしたらいいんだろう!?
TOEICリスニングのスピードについていけない?愚問だな。それなら日ごろからもっと速いスピードで対応するしかないだろう。いたずらに速すぎるものは無意味だが一定速いものを聴きこんでおけば、本試験は止まって聞こえるぞ。倍速アプリを使え!
Marty

 

当記事では、上記のようなテーマでお話していきます。

TOEICで高得点を目指すにあたって、より効率的にリスニング力を向上させるには「倍速アプリ」が効果的です。

今日は、漠然と英語のシャワーを浴びるというようなほぼ無意味な勉強法を脱却し、短時間で効率的にリスニング力を上げるための倍速アプリを紹介します。

おすすめアプリや使い方など徹底的に詳細まで踏み込んでお話しますね。

 

 

【TOEIC】倍速アプリでリスニング力急上昇|TOEIC900点への勉強法

TOEICの学習に倍速アプリSpeaterを絶対的におすすめする理由5選

最強のアプリ。それはまさしく、Speaterというアプリなのです。

今日はこのアプリの魅力とどのように使用すべきかについて、5つのポイントから解説します。

解説に入る前に、今一度強調しますが、「リスニングの基礎の基礎は、英語の音の仕組み(日本語の音との違い)を理解するところから始まります。」

どのように勉強してよいかわからない方はこちらの記事(私の人生を変えた本『英語耳』)もご覧ください。

 

①Speaterはスピードの調節が自由自在

英語の学習で大切なのは、同じ教材を徹底的に繰り返すことです。

それによって、単語熟語力、文法力、リーディングスピード、リスニング力等全体の力を底上げすることができます。

リスニングの教材も同様です。なんども聞いて、くっきりはっきり聞こえるようになるぐらい、覚えるぐらいを目指しましょう。

(シャドーイングなどは高度な勉強法なので、TOEIC900点ぐらいを目指すタイミングでは不要です。)

ただし、何度も聞いても脳に負荷がかからなくなると、成長がないのでスピードを上げて聞きこむことが重要です。

それにより、英語の処理能力があがり、初見の音源にも強くなります。

また当然英語を英語のまま理解する必要がでてくるので、リーディングにも波及効果がでます。

ここで、恐らく皆さんの中には、

スピードを上げて聞くなら、そもそも話す速度の速い教材を使って勉強すればいいじゃん

という意見がでてくると思います。

これにはあまり賛成できません。

話すスピードが上がれば当然音の消失・脱落等が増えていき、難易度があがります。

あくまでTOEIC公式問題集のスピード、話し方の音源のスピードをあげるのが効果的なのです。

 

②Speaterなら何度でも同じところをリピート再生(ループ機能)

リスニングの学習で大切なことは、聞き取れないことを聞き取れるようにすることです。

当たり前のように聞こえるかもしれませんが、これが意外と難しいです。

聞き取れない箇所は何度聞いてもスクリプトを見ても、そのように聞こえないためすごくエネルギーがかかります。

ただ、そこを避けて、そもそも聞き取れるところだけ聞いていても、全く成長しません。

とにかく、聞き取れない箇所をリピートして、つぶしていきましょう

(真逆のことを言うようですが、本当に100%を目指すと、全く前に進まなくなると思うので90%ぐらいのイメージを持つとよいと思います。)

 

③Speaterなら早送りも巻き戻しも指でスライド!ストレスフリー!

ループ機能のみならず、ちょっと先に進めたいとき、だいぶ前に戻りたいとき、指でスライドして場所を探せるので非常にスムーズです。

通常のiPhoneのミュージックでも同様の機能はありますが、圧倒的に使いやすいです。

これは実際に使っていただかないとなかなか伝わらないと思いますので、ぜひ使ってみてください。

④Speaterならミュージックとの連携も簡単

他のアプリではいちいち音源を選択してアプリに取り込まなきゃいけなかったりしますが、Speaterなら連携も1タッチです。

まったくもってストレスフリーなので、ここも長期間の勉強を進めていく上ではおすすめポイントです。

 

⑤Speaterなら設定したコマ送り、コマ戻しがワンタッチ

なんども同じところを聞くようなループ設定や、スライドタッチによる巻き戻し等も有効ですが、2秒3秒前にピッと戻したいときにワンプッシュで押すボタンがあります。

これにより、効果効率的に聞きたいところに移動することができます。

 

いかがでしたでしょうか。

なかなか文字で伝えるのは難しいので、ぜひ使ってみてください。

 

Speaterについてのまとめ

Speaterを使うことで、聞くべきところをストレスなく何度でも、適切なスピードで聞くことがでる。

圧倒的に効率的に勉強するために絶対にListeningはSpeaterでおこなうべき。

 

最後に、TOEICで900点取得までのロードマップや全体の流れについては、以下の記事▼▼で徹底解説しています。是非合わせてご一読ください。

必読ロードマップ
TOEIC900点への完全ロードマップ|パート別対策を24記事で英検1級が解説

続きを見る

 

 

スポンサーリンク

-TOEIC

Copyright© Learners’ PLUS|ラーナーズプラス , 2021 All Rights Reserved.