ビジネス知識

4P分析とは|事例で学ぶマーケティングのやり方【初心者向け解説】

迷える若者
上司がいつも4P4Pっていうんだけど何のことかよくわかっていないんですよね。何かの略語ですか?
4P分析だな。極めて基本的なマーケティングのフレームワークだ。初心者にもわかるように詳細解説していくぞ!
Marty

 

本日は伝統的でありながら、現代でもなお戦略の立案に重要なフレームワークである4P分析(マーケティングミックス)について説明します。

4Pの概要を知ると同時にどのように今後マーケティングの現場で活かせばよいのか、というところまでしっかりと理解できるように解説します。

まずは筆者である、私について簡単に説明させてください。

>>プロフィール詳細 >>Twitter

社費派遣でMBAスクールを卒業後、大手金融機関でマーケティング・商品開発業務に従事しています。

その経験を踏まえて、4P分析について徹底的に解説していきます。

また、4P分析を含めたマーケティング基礎知識を体系的に紹介した記事▼▼も併せてご覧ください

社会人が最低限知っておくべきマーケティング基礎知識【全6記事で解説】

 

それでは本篇スタートしていきます。

 

 

4P分析とは|事例で学ぶ効果的なマーケティングのやり方

4P分析とは何でしょうか。

マーケティング理論の一つですが、この4Pとはマーケティングに欠かせない4つの単語の頭文字を意味しています。

 

それらは、

Product:製品(サービス含む)

Price:価格

Place:場所(販売チャネル・場所など)

Promotion:プロモーション(広告など)

となります。

これらの4つを組み合わせて、販売戦略というものが成り立つわけです。

 

当記事では、ライザップというサービスを題材にどのように4Pが練られているか解説していきます。

 

ライザップの4P分析(マーケティングミックス)|Product

ライザップは製品を提供しているというよりは、サービスを提供いていますが、4P分析においてはサービスもProductの概念に含めて考えましょう。

ライザップのサービスというのは、データに裏打ちされた減量サポートサービスと言えるでしょう。

 

徹底的に顧客に寄り添い、日常の食生活にまで入り込むことで、一人では達成しづらいダイエットを可能にするというサービスです。

今でこそこういったサービスを提供する会社は増えていますが、10年前を考えるとなかなか稀有なサービスと言えるでしょう。

 

そもそも、ライザップが提供しているものは「サポート」でしかなく、具体的に痩せられるかどうかは自分自身な点は変わりがないからです。

ライザップの社長が「三日坊主ビジネス」と表現していましたが、まさに人間の「一人では続けられない」という弱みをしっかりと理解したサービスと言えるでしょう。

もちろん異なる考え方もできます。

ライザップは、トレーニング方法と食事法について教えるところが画期的なのだという意見などです。

しかしんがら、この意見に私は反対です。

あくまで、ライザップが画期的なのは、人の弱さを今一度明らかにし、「徹底的に1対1で寄り添う」というところです。

トレーニングや食事療法については、究極的には毎日10キロはしって野菜中心の食事にすれば痩せることは皆理解しています。

 

それでも痩せられないのは、人間は弱い生き物だからで、そこをサポートするのがライザップなのです。

 

 

ライザップの4P分析(マーケティングミックス)|Price

ライザップのサービスは、それっぽいものを提供するだけなら極めて低価格で提供できるでしょう。

必要な費用はほぼほぼ人件費と、トレーニング環境だけだからです。

 

しかしながら、実際にはライザップの費用は数か月で30万円程度と、極めて高額です。

これはしっかりとマーケティング戦略を全体としてみないとできることではないですね。

ここで改めてProductの部分を補足しますが、ライザップのサービスは非常に人材育成を重視しています。

非常にハイクオリティーな人材育成だからこそ、ユーザーの気持ちを動かし実際に結果にコミットできるわけですね。

 

こういった人材育成にかかる費用やデータ分析などを総合に的に加味すれば、高額な利用料でも戦略上成り立つということですね。

 

 

ライザップの4P分析(マーケティングミックス)|Place

ライザップの店舗はどこにあるでしょうか。

地方都市も含め、オフィス街から近いところに店舗を構えていることが多いですね。

 

これは、マーケティングのターゲット層が「忙しくて、自由もなかなか効かないけど、お金を払ってでも痩せたいと考えるビジネスマン」だからであると言えるでしょう。

サービスの中身やその価格を考えると、どこに店舗を置くのかは非常に大事です。

日々の日常に入り込むということを考えると平日でもユーザーが通いやすい立地というのは不可欠ですし、学生のや若者の街に設置してもニーズにも合わないでしょうし、金額もなかなか払えないでしょう。

ライザップはその価格やサービスも踏まえてベストな場所にその店舗を設置していると言えるでしょう。

 

 

ライザップの4P分析(マーケティングミックス)|Promotion

最後にPromotionです。

現代のPromotionは非常に多岐にわたります。

口コミを重視して、広告等にたよらない戦略もありますし、インターネットや、TVCMなどリーチできる先をうまくつかいわけることもあるでしょう。

 

ライザップの場合は非常に多額の資金を広告につぎ込んでいますね。

そしてライザップのPromotionのコンセプトは非常にシンプルです。

「結果にコミットする」というコンセプトからは、「どんなにお金がかかったとしても、今回は失敗できない」という想いを全力でサポートするというメッセージを感じますね。

 

 

4Pをアラインさせることが最重要|理想的なマーケティングミックス

 

さて、4種のPを説明してきましたが、最も大事なのはこのミックスを考えること=4Pを上手にアラインさせることです。

いくらProductが良くても、価格や、場所、広告がそのProductとうまくアラインしていなければ、効果的なマーケティングにはなりえません。

 

常に考えるべきは、4Pがアラインしているかどうかで、これによって顧客やユーザーのニーズを捕まえることができるかがかわるのです。

裏を返すと、売れないのは商品性がよくないから、と感じている商品も実は、Placeがその商品性にマッチしていないからということもあるのです。

 

いかがでしたでしょうか。

マーケティング戦略立案の基本である、4P(マーケティングミックス)を解説しました。

4つをアラインさせることが最優先だと意識して戦略を練ることでマーケットにインパクトのある施策を打つことができるので、ぜひ参考にしてください。

最後により深い学びを得るためのネクストステップの紹介です。

私自身も活用している、世界最大のオンライン学習プラットフォーム「Udemy」がおすすめです。

マーケティング関連のみならず、ファイナンスやストラテジーなどありとあらゆるジャンルで、専門家が深い学びを提供してくれます。

是非、以下の記事でも解説していますので、ご覧ください。

>>【体験談】オンライン学習にUdemyがおすすめな理由5選|口コミと評判も解説

 

スポンサーリンク

-ビジネス知識

Copyright© Learners’ PLUS|ラーナーズプラス , 2021 All Rights Reserved.