映画・ドラマ

デスパレートな妻たちで英語学習すべき理由5選【英検1級がリスニング対策も解説】

Photo by: Hulu

 

迷える若者
海外ドラマ『デスパレートな妻たち』が英語学習に最適だって言われたんだけど、本当にいいんでしょうか?自信がありません!
海外ドラマを使った英語の勉強か。小僧、粋な真似を!もちろん教材としては完璧だ。今日は徹底的にデス妻の魅力を分析していく!
Marty

 

当記事では、上記のとおり海外ドラマ『デスパレートな妻たち』を使っての英語学習について説明していきます。

まずは簡単に筆者の紹介をさせてください。

>>プロフィール詳細 >>Twitter

私自身がTOEIC940点、英検1級を取得するのに、一番最初に使ったドラマが『デスパレートな妻たち』でした。

本当におすすめポイントが多いので、順をおって説明していきます。

まずは、ダイジェスト版をご覧いただきイメージを掴んでいただければと思います。

 

いかがでしょうか?面白そうですよね!

それでは本編スタートしていきます。

 

デスパレートな妻たちを使って英語学習をすべき理由5選|TOEIC900は余裕で突破

それでは、具体的に「デスパレートな妻たち」を使って勉強すべき理由を紹介していきますね。

まずは、英語教材としての客観的評価について見ていきましょう。

ジャンル ラブサスペンス
日常英会話 5
会話スピード 5
ストーリーの面白さ 5
会話量 5
ユーモア要素
1話の長さ 40分

このドラマも英語学習において、特段欠点がないのが特徴です。

ここからは、もう少し詳細について掘り下げてみていきたいと思います。

 

①「デスパレートな妻たち」は抜群に面白いストーリーなので勉強に最適

海外TVドラマでも映画でもそうですが、1度や2度流し見たからといって急激に英語力が上がるというような夢のような話はありません。

その教材をしっかりと自分の血肉にするために、何度も耳をすまして聞く必要があります。

 

その意味で、あまり興味がわかないようなものや、一度見たらお腹いっぱいになるようなものというのは、教材としては適していません。

デスパレートな妻たちは、ラブコメディの要素と、サスペンスの要素と、ビジネス的な要素とバランス良く混ざっています。

ですので、何度見ても新しい発見があるので、楽しめる要素がちりばめられているといえます。

 

特にサスペンスの部分は結構練られているので、展開を予想する意味でも何度も繰り返しみることができるます

もちろん、最後のオチの前までを繰り返しみるということです!

 

 

②「デスパレートな妻たち」は専門用語がでてこないので勉強にばっちり

読者の皆様が勉強したい領域にももちろんよりますが、基本的には英語初学者は専門用語が多くでてくる教材を選ぶのは避けた方がよいです。

最近のドラマですとよくあるのは、「科学」「医学」「法律」このあたりはよくテーマとしてでてきますよね。

 

ただ、どうしてもこういったドラマを教材に選ぶと、学習の効率が下がってしまいます。

なざなら「専門知識がないからわからない」のか、「英語力が足りないのか」のか、「英語力が足りなかった」として知らない単語は素人が覚えるべきものなのか。

など、考えることが多いんですよね。

 

勉強というのは継続が大事ですので、「本当に頑張る必要がある箇所」にスコープを充てて、最小努力でやるべきです。

こういった専門用語の識別・暗記といった作業の無駄は排除すべきなのです。

その点、デスパレートな妻たちは、基本的に会話の内容が日常会話になりますので、安心です。

ビジネス英会話を勉強したいという方もいるかと思いますが、ビジネスの内容もでできますし、そもそもビジネス英会話といっても基本は日常会話です。

庶民の日常を描くようなドラマはストーリー自体に特殊性を出しづらいので、あまり人気を獲得しづらいジャンルと言えるかもしれません。

そういったジャンルで、デス妻のように面白く永く愛されている作品というのは非常に貴重なのです。

 

 

③「デスパレートな妻たち」は会話のシーンが多いので英語学習にもってこい

②とも関連しますが、基本的にシーンの多くは奥様方の会話です。

アクションが多いとか、調べているシーンが多いとかそういったドラマはどうしても英語学習にはなじみません

動画に向き合っている時間に対して、「24」などのアクションものはどうしてもアクションシーンや黙って淡々と計画が進む描写のシーンなどがおおくなりがちです。

デス妻は日常会話のシーンを繰り返し続けて物語を進めていく構成ですので、素晴らしいですね。

兎に角主役の4人を中心に、喋って喋って喋りまくるドラマとなっていますよ。

 

④「デスパレートな妻たち」は話すスピードも速すぎない

せっかく日常会話が多いドラマでも、初学者に早すぎるスピードであったりすると、急には理解できるようになりません。

そういった意味で、庶民同士の会話で淡々と進むデス妻はまさにうってつけなのです。

庶民の会話ですから、いたずらに速いスピードがでてきたりすることがないんですね。

私自身海外ドラマを合計50本ぐらいは見ていますが、デス妻のように要素がそろっているドラマは他にありません。

 

⑤「デスパレートな妻たち」は英語字幕がHuluで見放題

最後にもっとも重要なポイントを解説します。

もし読者の皆さんが、あまりお金を投資することに抵抗がないのであれば、DVDボックスを買って勉強いただいて問題ないと思います。

しかし、私のおすすめは圧倒的にVOD(ビデオオンデマンド)での視聴です。

理由は以下のとおりです。

  • 純粋にDVDという物体が無駄。データのやりとりで済むならその方がエコ。
  • 安い
  • 他のコンテンツとの切り替えが簡単
  • 速度の調整もVOD上で楽ちん

おそらくほとんどの方は異論無しだと思います。

ここで重要なのは、英語字幕の存在です。

英語を英語のまま理解する状態を目指すには、どこかのタイミングで、日本語を介在させない勉強法にシフトすることが大事です。

海外TVドラマでも日本語の字幕を追ってしまうと、どうしても日本語脳から抜け出せません。

かといって、日本語字幕を消して見るだけだと、なかなかついていけないと思います。

ですので、英語音声 × 英語字幕 というのが、海外ドラマを使うときのセオリーなのですね。

(1回目の視聴ではストーリーを掴むため、英語音声 × 日本語字幕でもよいです!)

 

こういった英語学習方法を叶えるVODは実はあまりありません。

すなわち、VODでも英語字幕を準備しいているところは少ないのです。

ネットフリックス、Amazon Primeといった大手でも実は英語字幕は用意していないようです。

 

一方Huluでは、英語字幕付きの海外ドラマをソートして、視聴することが可能です。

いかにHuluが英語学習者を意識しているかがわかりますね。

そして、英語字幕付きの中の一つのコンテンツが「デス妻」なのです。

ちなみに、Huluは日本テレビ系のVODなので、コンテンツの充実もそのネットワークから明らかですよね!

 

こういったツールを利用しない手はありません。

是非、Huluで英語字幕を使って勉強していきましょう。

利便性・コスト・効率性の観点で現時点では Hulu × デス妻 のチョイスが最適です。

ちなみに、Huluは動画の視聴スピードを5種類から簡単に選ぶことができますので、これもおすすめ理由の1つです。

英語初学者は最初はスピードを遅めに設定しても良いと思います。

 

もしかすると、既にAmazon Primeやネットフリックスの会員になっているということがあるかもしれませんが、可能ならそこにHuluも加えましょう。

月1,000円程度です。

お金の考え方は人それぞれですが、「本当に必要で学習の質・効率を高めるもの」であれば、一定の投資はするべきだと思います。

 

いかがでしたでしょうか。

デスパレートな妻たちというドラマがなぜ英語学習に最適で、どのように視聴したらよいかおわかりになりましたでしょうか。

是非Huluを使って英語学種を進めていただければと思います。

 

Huluは英語学習者向けの工夫が圧倒的に多いです

Huluでデス妻をみるならこちら

まずは無料体験して、感じてみては??

最後に、英語学習に最適な海外ドラマをランキング形式で解説しました。30本以上の珠玉の海外ドラマからBest7を選定しましたので是非ご覧ください

本当におすすめ
英語学習におすすめの海外ドラマランキングBEST7|英検1級の私が勉強法も解説

続きを見る

※当記事に記載のHuluでの配信情報は2021年5月16日時点のものです。現在は配信終了している可能性がありますので、公式ウェブサイトでご確認ください。

 

 

スポンサーリンク

-映画・ドラマ

Copyright© Learners’ PLUS|ラーナーズプラス , 2021 All Rights Reserved.