TOEIC

【TOEIC】英文法を極める勉強法|おすすめ参考書とスタディサプリで900点突破

迷える若者
TOEICの英文法って何から始めていいかわからないなあ。大学受験から大分空いてしまって基礎も抜けているし。。。
TOEIC向けの文法学習法だな。しっかり解説していくぞ。昔と比べて今は簡単に学べる方法があるからな!
Marty

 

当記事では、TOEIC試験のすべてのパートのベースとなる英文法の学習について説明していきます。

この記事を読むとわかること

  • TOEIC初心者向けおすすめ文法書と勉強法
  • TOEIC超初心者向け学習法「スタディサプリENGLSIH」
  • スタディサプリENGLISHでの具体的勉強法

 

大学受験の英語に比べれば、TOEICに出題される英文の文法というのはそこまで高度なものではありません。基礎的な知識を習得して、どんどん問題演習・多読の領域へシフトしていきましょう。

まずは、筆者である私について少し説明しておきます。

>>プロフィール詳細 >>Twitter

もともと学生時代は英語は大の苦手で、TOEICでも500点いくかどうか、というところからすべては始まりました。

今では英検1級、TOEIC940点も取得できており、客観的な分析をご提供してこうと思います。

それでは早速解説スタートします!

 

【TOEIC】文法を極める勉強法|おすすめ参考書とスタディサプリで900点

まずは読者の皆様の正確やレベルに応じて以下2種類の学習法をお伝えします。

  1. 参考書による自習
  2. 講師から授業を受ける

 

それぞれに適しているのはどのような人でしょうか。それぞれ、見ていきましょう。

自習でも問題ない人

  • 文法を忘れているといっても、大学受験で英語は勉強したし、しっかりやれば思い出せそう。
  • 勉強があまり苦手ではないので、しっかり説明してくれる参考書があれば自習できる自信がある。
  • あまり文法の部分にコストをかけたくない。

 

それでは、講師の力に頼るべきなのはどのような人でしょうか。

講師に習うべき人

  • とにかく英語アレルギー。手取り足取り教えて欲しい。
  • お金は問わない。とにかく結果にこだわりたい。

というところですね。それでは、それぞれの勉強法について掘り下げて説明してきます。

 

参考書によるTOEIC文法攻略法!

①メイン学習は 『Evergreen』(旧Forest)

意外に思われる方もいるかもしれませんが、TOEIC向けの参考書をいきなり使うのはおすすめしません。理由は簡単。

「木を見て森を見ず」になってしますからです。まずは文法というものの全体像を掴みましょう。それにふさわしい参考書がEvergreen(旧FOREST)です。

私が大学受験をしたときにもあった不朽の名著ですね。名前を変えて生まれ変わったようですが、根本の構成や質の高さは変わっておらず絶対的におすすめです。

おすすめする理由は以下のとおりです。

  • 分量が多すぎない。
  • 読める文法書になっている(調べるための大辞典的な作りでは無い)
  • 見やすい。
  • わかりやすい。
非常にわかりやすい文法書であり、初学者向けということだな!
Marty

基本的なことなのですが、意外ににもこういった要素を網羅している文法書がないのです。どうしても専門家が「文法書を作る」ことにこだわると、学習者にとっては細かくなりすぎてしまうのでしょうね。

この本を頭から3周ぐらいすると、およそ全体像というものはわかってくると思います。丸暗記をしようとする必要は全くありません。

その後は問題演習をしながら、わからないところや、確認したい点をEvergreenを使って見直していけばぐっと理解が深まります。

 

②英文法のエッセンスを楽しみながら学ぶなら大西泰斗先生の参考書

英語の勉強、とくに英文法というと、嫌な暗記のイメージがある方も多いのではないでしょうか。私自身もそうでした。

しかし実際は言葉がうまれるためのなりたちや、英語独特の思考法というのが英文法には現れているんですね。

少しわかりづらいかもしれませんが、暗記しなさいと習った文法にも裏にはロジックやルールがあるので、丸暗記の必要はないということです。

そういったことを伝えてくれるのが、大西泰斗先生です。

大西先生の著書を読むと、英語を好きになるぞ!
Marty

NHK等に出演されることもあるので、ご存じの方も多いかもしれません。メインの勉強というよりは、息抜きがてら読み物として楽しむと、英語の理解がとても深まりますのでおすすめです。

著作はどれも高品質ですが、まずは薄めの著書を一冊読んでみると先生の考える英語の醍醐味がわかると思います。おすすめは以下のハートで感じる英文法です。

一緒にタッグを組むポール・マクベイさんとの掛け合いも見事です。この本も暗記する類いのものではないです。是非英語の息吹を感じてみてください

 

③問題演習

①(補足的に②)で全体像を掴んだら、実際に英文や問題に触れていきましょう。対応できそうならTOEIC公式問題集を解いていただきたいです。

しかし、解説も少ないので、難しいようならTOEIC文法向けの参考書を1冊程度解くと「文法を知っている⇒文法を使って読める・解ける」に昇華していきますのでおすすめです。

公式問題集が理想だが、難しいようなら解説の丁寧なものにしよう!
Marty

おすすめはTOEIC講師をされているTEX加藤先生の以下の著作です。非常に解説もわかりやすく、文法の力をぐっと上げてくれる名著ですね。

この問題集も解きながら、適宜Evergreenで必要事項を確認していくと、頭の中で体系的に文法が整理されていきますよ。

そしてこの問題集をやりきったら、後は公式問題集をひたすら解いて復習しまくるだけです。すごく厳しいことを言うようですが、本当にスコアに直結する勉強はこの段階からです。

この問題演習でアウトプット・インプットを増やして行く作業を軽んじず、しっかりこなしていきましょうね。

 

講師に習う英文法学習法(スタディサプリENGLISH TOEIC対策コース)

本当に英語にアレルギーがある人は、無理せず誰かに教えてもらうことをおすすめします。英語に限らず、何かを上達させようと思うなら一番大切なのは「継続」することです。

「難しい」「わからない」といった心理的な障壁は継続への一番の敵なのです。

インプットのときはわかりやすく、優しく教えてもらうのも全然OKです。私のおすすめは、コストと網羅性の観点からスタディサプリENGLISHです。

TVコマーシャルでも放送されているので、ご存じのかたも多いと思いますが、関正生先生という敏腕講師が教えてくれる本格的な内容となっています。

まずは、動画を見てみましょう!

私も既にTOEIC940点取得していますが、関先生の授業が大変興味深く、会員として勉強をしてきました。それだけ質が高く、本質的な学習を提供してくれるのです。

パーフェクト講義というTOEIC系の問題を解きながら教えてくれる講座と、パーフェクト英文法講義という英文法を基礎から教えてくれる講座があるので、本当に体系的に学んでいけますよ。

 

スタディサプリENGLISHについて、授業も受講した上で徹底解説記事▼▼を作っているので、是非参考にしてください。

Check it Out!
【TOEIC】英語初心者がスタディサプリで900点を狙うべき理由7選+口コミ

続きを見る

 

学習の流れとしては以下の順番で良いと思います。

  1. パーフェクト英文法講義を視聴
  2. パーフェクト講義を視聴

 

私は、オンライン以外のTOEICスクールについては、基本的に不要と断言しています。

いつでもどこでも学習できるウェブの利便性が破格の安さで手に入るのに、高い授業料を対面の授業で払う理由なくなったのです(10年前はどうしても月数万円かかるようなTOEICスクールも価値がありましたが、今は価値が落ちました)。

スタサプENGLISHのTOEICコースは月額2,980円(税抜)です。2021年1月キャンペーン期間中は、実質年額が1,980円まで安くなります。

 

2ヶ月で全部授業受け終わったら、6,000円程度です。参考書2~3冊の価格で、日本トップの予備校講師の授業が受けられるのですからこんなに良い話はないですね。

私はまわしものでも何でもありませんが、WEBの授業はスケールメリットや教室を使わないといった利点により高品質低価格のサービスが可能という点は補足しておきます。うまい話には裏があるといいますが、固定費を圧倒的に抑えたビジネスモデル(=裏側)だと理解していたでければよいでしょう。

 

いかがでしたでしょうか。ご自身のレベルに応じて自習もよし、オンラインでスタディサプリENGLISHで学ぶもよしです。迷っているなら、一度スタサプで、無料体験をおすすめします。自宅で何でも無料体験できる良い時代ですね!!

▼無料体験で自分の目と耳で確かめよう▼

インプットはプロに習うのが勝ち組!

スタディサプリENGLISH公式サイト

 

ご自身にとって何が正解か考えて一緒に勉強頑張っていきましょう!

最後になりましたが、TOEIC900点取得への全体像把握やロードマップについては以下の記事で説明していますので、併せてご覧ください

Check it Out
TOEIC900点への完全ロードマップ|パート別対策を24記事で英検1級が解説

続きを見る

 

 

スポンサーリンク

-TOEIC

Copyright© Learners’ PLUS|ラーナーズプラス , 2021 All Rights Reserved.