英会話

スピーキング力を劇的に高める瞬間英作文のやり方【英検1級が解説】

迷える若者
一念発起して英会話を始めようと思って体験レッスンを受けてみたけど、全く英語がでてきません。やっぱりある程度自習しないと厳しい気がしています。どうしたらよいのでしょうか?
英会話力向上のための自習法には『瞬間英作文』の活用がおすすめだ!多くの日本人学習者がこれを使ってスピーキング力を高めているぞ!
Marty

 

当記事は上記のテーマでお話していきます。

この記事でわかること

  1. 瞬間英作文トレーニングの概要
  2. 瞬間英作文トレーニングを行う意味
  3. 瞬間英作文を行うべき学習者層
  4. 超絶具体的瞬間英作文のやり方
  5. 瞬間英作文と同時並行でのアウトプット学習のやり方

英会話を始めようと思っている方でも「あまりにも自分に基礎力がなくて、スクールにお金を払うのはなんだか気が引ける」という方も多いのではないでしょうか?

あるいは、「スクールに通い始めて毎日充実しているけど、英語が喋れるようになっている気がしない。。。」という感覚も多いのではないでしょうか。

私自身が数年前まさにそういう感覚であったので、よくわかります。

残念ながらスピーキング力は英会話講師と楽しくレッスンしているだけで身につくほど甘くはありません。やはり、一定量の自習時間は必要なのです。

その自習を効率的に進めるための教材として現在ベストなのが『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』です。

瞬間英作文私自身がこの本を数百時間みっちりこなすことで、スムーズに英検1級も一発合格できましたので、そのあたりも踏まえてしっかり解説していきますね。

まずは執筆者である私マーティについて少し補足しておきます。

>>プロフィール詳細 >>Twitter

英語が大の苦手なところから、英検1級やTOEIC940点まで獲得していますので、皆さまのお悩みは全て経験してきたつもりです。

是非一緒に勉強頑張りましょう!

 

「瞬間英作文」とは?トレーニング効果と教材を使うべき人

瞬間英作文の概要

まずは『瞬間英作文』についてどのような教材なのか少し解説します。

森沢洋介氏の著書で、レベルに応じてシリーズ全体で6冊程度出版されています。当記事ではもっとも重要でコアなトレーニングである『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』にについて解説します。

 少し中身についても説明します。

以下が大枠の構成となります。

左側の日本語を、とにかくスムーズに英文に直し、自らの口で英文を発していくトレーニングをするので「瞬間英作文」と名付けられています。

ここで大切なのは「暗唱するのではない」という点です。あくまで、見た日本語をイメージのまま英文にしていく練習をすることで、様々なバリエーションの英語を喋れるようになることを目指すのです。

 

効果と瞬間英作文トレーニングをやるべき人

次に「どのような学習者にこのトレーニングが向いているか」という点についてお話します。

結論から言えば、帰国子女や、既に英検1級レベルのスピーキング力を持っている人を除いたすべての人におすすめできるトレーニングです。

もう少し具体的にかみ砕いて説明すると以下のような方々です。

  • 純粋に英会話をマスターしたい。趣味として楽しみたい。
  • 仕事で取引先や上司とのコミュニケーションに使いたい。
  • 大学受験のためにTOEFLやTEAP、英検などのスピーキング対策が必要。

などなどです。とにかくどのようなゴールを設定するにせよ、基礎が大切なのは全くかわりません。

読者の方の中には「既に英会話レッスンでそれなりに話せているので、そういったトレーニングは不要では??」と感じている方も中にはいるかもしれません。

しかし、講師のレクチャーにそった形でのスピーキングはできても、仕事で英語をつかったり、英語で面接を受けるということになると、思っていることが英語ででてこないものです。

それは、自分の得意な型の英文や、レッスンテキストをなぞる形でのスピーキングはできても、自分の中に使えるスピーキングの型が少ないからなのです。

その少なさを補完してくれるのがこの瞬間英作文トレーニングですので、上級レベルの方を除く、すべての学習者におすすめなのです。

とにかく全学習者に瞬間英作文で基礎を身に着けてもらいたいということだな!
Marty

 

瞬間英作文の具体的なやり方・使い方

ここからは、実際にこの本を使って英検1級レベルまでレベルアップした私の体験をベースに、最適な活用方法を紹介していきます。

この本の中でも使用方法は丁寧に解説されていますが、そのまま行うのは少しハードルが高いですので、その点もお話していきます。

 

「どんどん話すための瞬間英作文」を毎日の日課として何回転もする

まずは少しマインドセットや習慣についてお話していきたいと思います。

まず頭に入れておいていただきたいのが、「スピーキング」の能力というのは「座学」というよりは「スポーツ」に近い性質があるという点です。

何を伝えたいかというと、「知っている」と「できる」が全く違うので、「できる」にするには圧倒的に反復・継続練習が大切なのです。

これは、子供でも大人でも、東大卒でも同じです。この反復・継続練習なしに、スピーキングができるようになっている人に私は出会ったことがありません。

ですので、短時間でも良いので「瞬間英作文」に毎日触れることが大切です。何となく気が向いた日に行うのではなく、毎日行うことを日課にしましょう。

ポイントは「短時間」でも良いということです。とにかくブランクを作らずに継続的に続けることで着実にステップアップできます。

あまり高い目標を自分に課さずに、5分でも練習することを目標にすることで継続が容易になるぞ!
Marty

そしてこの本は1~2回回して終わりというようなものではない点も注意してください。

とにかく、野球やテニスの素振り、その他のスポーツの走り込みのように基本動作なので、何週も何週も自分の血肉になるまで繰り返しましょう。

徐々にそこまで負荷がかからずできるようになってくると思いますので、そこまでいけば卒業しても良いレベルですね。

 

暗記して音読するのはNG!瞬間的に反応するイメージで練習!

次に、この本にそってトレーニングするやり方についてですが、避けるべきやり方は「暗唱する」ことです。

人間というのは楽したい生き物です。こういったトレーニングも全部暗記してそれを思い出そうとすれば、割とトレーニングも楽なのです。

ただし、そういった練習法だと、その英文しか話せるようになりません。少し変化球があっただけで実際のスピーキングに活かせなくなってしまいます。

そのため、常にパッと日本語を見て、それをイメージのまま英文にしていくことを大切にしましょう。

もちろん、少なからず覚えてしまうことはやむを得ないですが、暗記することが目的ではないということを強く意識してください。

何故このトレーニングをやっているのか、を意識しながら練習することだ。暗記力テストをやっているわけではないぞ!
Marty

 

音声ベースで練習するのも効果的!

どうしても本を見ながら視覚的に勉強していくと目に見えた日本語フレーズを英語に置き換えていくような作業になりがちです。

当たり前ですが、実際の英会話の現場で自分が英文で喋りたい内容が日本語で手元にあるなんてことはありません。

それゆえ、音声で読み上げられる日本語を英文にしていくトレーニングはより実践に近く、効果的なのです。

音声は書籍に付属CDとしてついてきますので、それをスマホなどに落として活用していきましょう!

目の情報に頼りすぎるとあまり効果的なトレーニングは望めない。聞いた音声をイメージのまま瞬間英作文するのが最も負荷がかかるトレーニングだ
Marty

 

公式アプリについて

公式アプリについて、購入してアプリベースでの練習ができますが、個人的には使ってみた結果「本+音声CD」で十分事足りると感じました。

アプリで練習をどうしてもしたいという強い理由がなければ、本で十分対応可能ですね。

 

型ができてきたら日常目についたものを英語にしていこう!

ある程度この本でトレーニングができたら、日常生活の中にプラスαのトレーニングを織り込んでいきましょう。

例えば、ウォーキング中に目についた光景を英文にしてみたり、食事中に見たTVの光景を英文にしてみたりなど、できることは無限にありますね。

こういった練習を「独り言トレーニング」といったりしますね。

独り言トレーニングを行うことで、実際に思いついたタイミングで瞬間英作文のトレーニングをどのように実践できるか、を体感することができます。

本の中でのトレーニングより大分ハードルが上がる分本質的かつ実践的なトレーニングになります。

また、自分に不足しているボキャブラリーや、苦手とする表現(例:現在完了、関係詞など)を把握して基礎強化することにもつながります。

断言しますが、こういった一人で行うトレーニングが圧倒的に英語力の底上げに役に立ちます。

逆に、地道な反復練習の時間なしで、英会話レッスンだけ行っても得られるものは本当に少ないです。

道を歩きながらやると変質者と思われる懸念もあるので気をつけろ!
Marty

 

効果的アウトプット練習

ここからは、「瞬間英作文」や「独り言トレーニング」と同時進行で行うべき、実践的な英会話練習(レッスン)について説明していきます。

 

アウトプット練習を取り入れるべき理由

ここまでは自習として「瞬間英作文トレーニング」やそれをベースにした「独り言トレーニング」について解説してきました。

これらのトレーニングが基礎として非常に重要なのは間違いありませんが、私はそれにオンライン等の英会話レッスンを組み合わせることをお勧めします。

理由は以下の2つです。

  • 実際に英語を使ってコミュニケーションを行うことで、モチベーションを保ちやすい
  • 自分の成長を感じたり、自分に足りない部分を把握しやすい

1つずつ解説します。

先ほどから修行僧のようなトレーニング法をずっと説明していきていますが、それだけではモチベーションを保つのが難しいです。やはりあまり面白くはないからですね。

実際に人と話すという時間をもつことで、もっと成長したいし上手く喋れるようになりたいというモチベーションを維持することが容易になるのです。

英語というのは「継続できるか」だけの勝負といっても過言ではない。継続するための仕組みづくりは意識することだ!
Marty

また、付随する論点でもありますが、実際に生身の人間と話をすることで、今まで使えなかった表現が使えるようになった自分の成長を感じることができたり、逆に不足する表現や語彙なども認識することが容易になります。

それゆえ、本気で英会話習得やスピーキング力向上を目指すのであれば、是非「瞬間英作文トレーニング」「隙間時間での独り言トレーニング」「実践的な英会話レッスン」の3本柱を毎日の日課とすることをお勧めします。

 

効果的英会話レッスンと相性の良いスクール

瞬間英作文である程度型ができてきたら、オンライン英会話スクールがおすすめです。

レッスンの内容はテキストをなぞって一緒に練習するようなものは避けましょう。

それは英会話ではなくてただの「音読」をしている時間が長くなるからです。私のおすすめは2種で、フリーディスカッションの授業を選択するか、Daily News系のレッスンを受講するかです。

NEWS系のレッスンは一定難易度が高いが、自分が話す時間も多いし、どのような英文表現で話してもよいので非常に実践的だぞ!
Marty

私自身が英検1級取得以後も受講しているDMM英会話と、以前に受講していたレアジョブ英会話はいずれもお勧めなので、是非選択肢に入れてみてください。

料金水準やレッスン時間などはほぼ同じです。どちらのスクールもDaily News系の教材は毎日更新されて、自分の意見を求められるので、瞬間英作文のアウトプット練習にはもってこいですよ!

DMMとレアジョブについては以下の記事で徹底的にその魅力を解説しているので、比較してご自身に合いそうな方を是非選んでみてくださいね!

>>DMM英会話おすすめ理由7選+口コミ・評判・料金|英検1級の私が解説

>>【体験談】レアジョブが英会話初心者におすすめな理由8選|評判・口コミ・料金も解説

 

当記事のまとめ

最後に当記事のまとめです。

チェックポイント

  • 瞬間英作文は上級者を除くすべての英語学習者におすすめできる
  • 自習する時間も作らなければ英会話レッスンだけでは力はつかない
  • 短時間でも良いので毎日の日課に瞬間英作文を落とし込もう
  • 実際に思いついたことを言ってみる「独り言トレーニング」で実力は大幅UP
  • 生身の先生との練習もモチベーション維持や実力把握の観点から重要

これらの項目をしっかり頭に入れて、是非瞬間英作文トレーニング頑張っていきましょうね。

 

なお、記事のなかでおすすめしたDMM英会話とレアジョブについては本当におすすめなので、是非無料体験レッスンを受けてみてください。

 

 

 

スポンサーリンク

-英会話

Copyright© Learners’ PLUS|ラーナーズプラス , 2021 All Rights Reserved.