ビジネス知識

ビジネス三種の神器『英語×IT×会計』を同時に学べる最強資格を紹介

迷える若者
最近よくビジネス三種の神器って言葉を聞くけど、一体何のことかわからないし、それを勉強したら市場価値爆上げできるんでしょうか?
ビジネス三種の神器か。お前もそこまで語るようになったか。英語×IT×会計のことだな。今日は徹底的に教えるぞ!
Marty

 

当記事では上記のテーマでお話していきます。

最近色々なところで語られるビジネス三種の神器ですが、「何のことかよくわからない」「中身は理解しているけど、おおげさなんじゃない!?」というような意見をお持ちの方も多いと思います。

そこで、この記事では現在どれほど市場でこの三種のスキル(英語×IT×会計)が重宝されているのか、徹底的に解説していきます。

この記事でわかること

  1. ビジネス三種の神器とは?
  2. 英語を習得すべき人と勉強法
  3. ITを習得すべき人と勉強法
  4. 会計を勉強すべき人と勉強法
  5. 三種の神器をすべて学べる最強資格「米国公認会計士」とは?

これら5つのテーマでお話していきます。執筆者である私についても少し補足しておきますね。

>>プロフィール詳細 >>Twitter >>YouTube

 

私自身が、英語×IT×会計に一定の知見を有していると自負していますので(当然完璧ではないですが)、客観的な分析をしっかりとしていきたいと思います。

それでは、解説をスタートしていきます。

 

ビジネス三種の神器「英語×IT×会計」とは何か?

まずは、ビジネス三種の神器というちょっと胡散臭い言葉について説明していきます。

この言葉は、経営コンサルタントである大前研一氏が著書の中で語った言葉であると言われています。

趣旨はは「英語」「IT」「会計(財務力)」がビジネスマン必須のスキル(知識)となっているというものです。

ただ、昨今は一般的な言葉として各方面で語られることが増えていますので、もはや大前氏の言葉と認識されずに使われることも多いですね。

3つの要素が重宝される背景について少し補足しておくと、英語はグローバルな社会の中でどこでも活躍できる人材になるために必須のスキルと語られています。

ITについては、立派なプログラミングスキルといったレベルのみならず、エクセルやパワーポイントを使いこなすところから大前氏はITスキルであると語っています。

会計(財務力)は、主に個人が自分の資産を守るために必要と言われており、マネーリテラシーのような趣旨で語られていますね。

ここからは、ひとまず大前氏の見解は置いておいて、今一度その3つの要素がどんな市場価値をもち、どのように勉強すべきなのかについて徹底分析していきます。

 

「英語」を学ぶべき人と具体的勉強法

英語の価値と学ぶべき人

まずは、英語の価値について分析してきましょう。現代を生きている人であれば、英語が大切だという見解に反論をされる人は少ないと思います。

しかし、「三種の神器」というほどの価値があるか、という点については疑問がある方も多いのではないでしょうか。

結論は間違いなく現在でも極めて高い市場価値があります。その背景を見ていきましょう。現代をとりまく環境というのは以下のような状況です。

  • グローバルなビジネスは加速するばかりで、リモートワークやテレワークの推進により、より国境という垣根がなくなりつつある。
  • 人材の流動性も高まるばかりで、海外で働く日本人や日本で働く外国人の数は増え続けており、英語が必要とされる場面が急増している。
  • AIの登場により「シングルタスク系」の業務が代替されつつある。逆に「英語コミュニケーション×●●」のようなスキルの掛け算ができると、AIに代替されづらい。

いかがでしょうか。毎日のようにニュースや新聞で取り上げられる事実ばかりですよね。こういった背景の全てが英語の市場での重要性というのを示しています。

どんなに優秀な営業マンでも英語が話せなければ海外に行っては何の役にも立ちません。またどんなにマネジメント力が優れていても、部下が外国人であれば英語なしでは意思疎通もままなりません

このように、英語の価値というのは高まるばかりで、今後宝の持ち腐れになるということは考えづらいですね。

迷える若者
で、でも、英語の翻訳はAIですぐできるようになると言っていましたよ!?
お前は何でもうのみにするサルか!!言葉というのは複雑だ。文脈次第で同じ単語も全く別の意味になるだろう?そういったレベルまでAIが到達するには何年もかかるし、100%の精度にならない限りビジネスでなんか使えない。おままごとじゃないんだよ、ビジネスは!!
Marty

AIにも高度なコミュニケーションというのは代替されづらいということですね。

大事な商談で、AI翻訳マシーンに向かって喋る営業マンをあなたは想像できますか??なかなか現実的ではないですよね。。。

 

英語の具体的勉強法

ここからは、英語の具体的な勉強法について説明していきます。

まずは英語の勉強といっても目指すべきところがいくつかあるので、その点について整理します。

  • 英語を極めるため、4技能を勉強する
  • まずは会社内や転職市場での評価を目指してTOEICに注力する。
  • 今すぐ仕事で使うのでスピーキング・リスニングを徹底強化したい。

こういったニーズが英語学習者の主だったところですね。ここからは、上記の3つの方針について勉強法をスキルに分割して整理解説していきます。

スピーキング勉強法

スピーキングの勉強法については、様々な方法がありますが正攻法はオンライン英会話によって勉強する方法でしょう。コロナ禍の影響もあり、対面での英会話レッスンはなかなか難しいですから、是非オンラインでスキルを高めていきましょう。

私のおすすめは、レアジョブ英会話もしくはDMM英会話です。両社の魅力については以下の2記事でも解説していますので、是非ご覧ください。

>>【体験談】レアジョブが英会話初心者におすすめな理由8選|評判・口コミ・料金も解説

>>DMM英会話おすすめ理由7選+口コミ・評判・料金|英検1級の私が解説

 

リスニング勉強法

リスニングの勉強法には一定地道な努力が必要ですが、私がおすすめするのは海外ドラマを使った勉強法です。

試験対策の英語ではなく、生の英語を勉強することで実践的なリスニングスキルを得ることができます。試験の英語というのは、音の脱落やスラングなども少なくて、実際にネイティブと会話するとまったく別物と感じることも多いです。

そのため、日ごろから楽しみながら海外ドラマで勉強することで、急激に英語リスニング力を高めていくのが理想的な勉強法です。

使う海外ドラマについては私自身がこの10年強の間で視聴した約50作品のドラマの中からトップ7を選定していますので、是非以下の記事で確認してみてください。

>>英語学習におすすめの海外ドラマランキングBEST7|英検1級の私が勉強法も解説

 

リーディング勉強法

リーディングの勉強法についても様々なものがありますが、ここはあまりショートカットしようとせず地道に基礎を固めていきましょう。TOEICなどの試験対策をすることで力をつけていくのもありです。

一定の多読をしながら、基礎を固めていくというのが正攻法ですので、是非以下の記事も参考にしてください。

>>TOEICリーディング対策におすすめの多読教材3選【英検1級が解説】

 

ライティング勉強法

ライティングの勉強については、勉強の順番としては最後にするのがお勧めです。リーディングやスピーキングができると、自然とライティングの基礎力も上がってくるからです。

ライティングについての勉強法は一定難しいですが、試験でスコアを見ないと成長を実感しづらい技能でもあるので、是非以下の記事も参考にしてください。

>>TOEFLライティング対策にはトフレがおすすめ【英検1級が解説】

 

「IT(プログラミング)」を学ぶべき人と具体的学習法

ITの価値と学ぶべき人

続いて、ITについて解説していきます。大前氏は、エクセルやパワーポイントも含めて定義していましたが、一歩突っ込んだプログラミング等のITスキルに絞って説明します

まず、ITの価値については言わずもがな高まり続けています。あらゆる業務や活動がインターネットと繋がり、もはやITなしにわれわれの生活は成り立ちません。

そのため、企業におけるIT人材の価値も高まっており、市場に十分なIT人材が供給されていないという状況があります。

それゆえ、今からでも読者のみなさまがITを学ぶことで市場で高く評価されたり、容易に転職出来たりということになります

本業でIT関連の業務を行っていない人でも、関連する業務を行っているのであれば絶対に勉強すべきですし、所属企業は抜きにして副業でプログラミングなどを活かしたいというような感覚があれば、是非チャレンジすることをお勧めします。

私自身が金融機関という比較的にアナログな業界に所属していますが、デジタルマーケティング担当ということで深いIT関連の知見を求められていますので、その必要性や有用性は常日頃から感じています。

 

ITスキルの勉強法

ITスキルの身に着け方については、色々な方法がありますが私がおすすめするのは以下の2種です

おすすめプログラミングスクール

 

こういった専門的な知識やスキルは有識者に習うのが近道です。自分で会得するのも悪いことではないですが、必要以上に時間を要す可能性が高いです。

Tech AcademyとTech Campは数多くの初心者を「稼げるレベルのプログラマー」にしてきた実績があり、その評価は折り紙付きです。是非無料の説明会でその実績についてご自身で確認してみてください。

プログラミングを学んで本業に活かしたり、副業でガツンと稼いでいきましょう。

 

「会計」を学ぶべき人と具体的学習法

会計の価値と学ぶべき人

大前氏の定義で言えば、会計というよりは個人の資産運用・活用のようなニュアンスが強いですが、ここでは企業の財務・税務会計等も含めて会計と定義してお話していきます。

企業の活動のすべては会計で成り立っています。出資に始まり利益を出して配当を配るまでの一連の株式会社の活動の根幹は企業会計にあります。

どのように資金を調達し、どう利益を上げるか、というのはビジネスの根幹そのものですね。

ですので、経理部門や財務部門に勤務する人のみならず、部門問わず会計知識は必要になると言えます。自部門の各活動が自社の活動に会計上どうインパクトを与えるかわからなければ、稟議一つも通せないですよね。

 

会計の学び方

ここでは、大きく学習の対象を「簿記」と「フィナンシャルプランニング」に絞ってお話します。

簿記2級

個人的に全ビジネスマンにおすすめしているのが、簿記2級の取得です。1級はかなり高度な会計知識となりますので、経理部門に生涯をささげるようなキャリア設計の方以外は基本的に不要です。

簿記2級をもっていれば、どの部門であれ日本国内である程度の会計知見がある人材として評価されますし、実際の業務運営上でも会計知識がないことで支障はほとんどでません。

簿記2級の学び方についてのお勧めは、スタディングを活用する方法です。スタディングは、社会人向けオンラインスクールとしてはトップクラスの人気を誇り、非常に講義の質の高いことが特徴です。

既に受講者が10万人を超えており、圧倒的な実績ですね。是非上記リンクから無料講座受講して体感してみてください。

 

FP2級

続いてFP2級です。個人的な感覚としては3級と難易度に大きな差はありません。

こちらの資格は個人の資産運用・活用や人生設計(ライフプランニング)などのニュアンスが強いですね。マネーリテラシーを上げるために自分自身のために取得する方も多いです。

この資格の勉強法としても前項同様スタディングです。多数の合格実績があるので、圧倒的におすすめのスクールです。

 

人生勝ち組を狙うならビジネス三種の神器「英語×IT×会計」
すべてを学べる米国公認会計士!

米国公認会計士概要

ここまでビジネス三種の神器それぞれの学び方について解説してきました。しかしながら「ポジショントーク」と言われるかもしれませんが、私のお勧めは同時に3つの要素を満たすことができる米国公認会計士資格を取得することです。

米国公認会計士(USCPA)は、会計監査や、税務、経済学、経営学、ITなどの知識が包括的に問われる試験です。アメリカの資格ではありますが、全世界で協定が結ばれ資格を活かして仕事をすることができる国も多いです。

米国会計基準だけでなく、国際会計基準ん(IFRS)についても出題範囲となっていることも特徴で、そういった観点からも日本の大企業からは高く評価されています。

もちろん試験は全て英語ですが、「英語力を問う試験」ではないので、英語自体のレベルとしては全く高くありません。ただし、会計関連の英語への慣れは必要です。

監査法人や、コンサルティングファーム、各種アドバイザリー事業、一般事業会社などがUSCPAを転職市場で強く欲している現状があります。

USCPA資格についての将来性は、以下の記事で体系的に解説していますので、是非こちらもご覧ください。

Check it Out
USCPA(米国公認会計士)の将来性と市場価値【合格者が全容を解説】

続きを見る

 

米国公認会計士の学び方

USCPAの対策は基本的に予備校がおすすめです。その資格の有効性や難易度の把握も含めて、最大手スクールであるアビタスで是非無料セミナーを受講してみてください。

私自身もアビタス出身ですが、最初にセミナーを受講した時「こんな資格があったのか」と驚いたのを覚えています。

またUSCPA全体の対策については、以下の記事で体系的に解説していますので、是非併せてご覧ください。

Check it Out
【完全版】USCPAを検討中の方に伝えたいことを13記事でホルダーが詳細解説

続きを見る

 

 

いかがでしたでしょうか。最後に当記事のまとめです。

記事のまとめ

  • ビジネス三種の神器は「英語×IT×会計」
  • それぞれの知識の有用性は増すばかりで、全ビジネスマンが身に着けるべき基本スキル
  • おすすめは同時に習得できる資格「米国公認会計士」で市場価値が非常に高い

是非できるところから勉強始めてみてください!

記事でおすすめしたUSCPAスクールアビタスについて、興味を持たれた方は、まずは無料のウェブパンフレットダウンロードから始めてみましょう!

今すぐ確認できるので、忘れないうちにどうぞ!

\無料ネットパンフを今読もう!/

 

スポンサーリンク

-ビジネス知識

Copyright© Learners’ PLUS|ラーナーズプラス , 2021 All Rights Reserved.