TOEIC

【TOEIC】パート5の時間配分と解き方のコツ|900点を狙う勉強法も解説

迷える若者
TOEICで900点を目指して勉強を開始しましたが、par5が得点源と言われたのになかなかスムーズに解けません。なにか解き方のコツなどないでしょうか。
TOEICパート5の解き方のコツ?魔法のような裏技はないが、正攻法な解き方というのは存在するぞ。900点なんかは、らくらく突破できるよう解説していく!
Marty

 

当記事では、上記のテーマで説明していきます。TOEICのパート5は一見大学受験で経験したような問題が多く解きやすそうではあります。

しかしながら、分量も多いですし、何の論点なのかわからない問題も多く出てくると思うので案外苦戦している人が多いのも事実です。

この記事では、徹底的にPart5を得点源にするための対策を解説していきます。

 

具体的な説明に入る前にまずは私の説明からさせてください。

>>プロフィール詳細 >>Twitter

私自身が、学生時代は英語が大の苦手で辛酸をなめる日々でした。しかし、アラサーで一念発起英語学習を始めてから世界が変わりました。

パート5は特に短時間で解けないし、正答率も上がらなかった経験があり、どのように乗り越えたかも含めご説明していきます。

 

 

【TOEIC】パート5の時間配分と解き方のコツ|900点を狙え!

それではさっそく説明に入っていきます。TOEICのパート5がどのような問題構成になるのかをまずは見ていきましょう。

 

TOEICパート5の問題構成

TOEICのPart5は短文穴埋め方式と呼ばれる主題方式で、Question101~130までの30問となります。

それではETSが公開しているサンプル問題を少し見てみましょう。

Part5のサンプル問題を確認

No. 101 Customer reviews indicate that many modern mobile devices are often unnecessarily ------- .
(A) complication
(B) complicates
(C) complicate
(D) complicated

No. 102 Jamal Nawzad has received top performance reviews ------- he joined the sales department two years ago.
(A) despite
(B) except
(C) since
(D) during

No. 103 Gyeon Corporation’s continuing education policy states that ------- learning new skills enhances creativity and focus.
(A) regular
(B) regularity
(C) regulate
(D) regularly

No. 104 Among ------- recognized at the company awards ceremony were senior business analyst Natalie Obi and sales associate Peter Comeau.
(A) who
(B) whose
(C) they
(D) those

No. 105 All clothing sold in Develyn’s Boutique is made from natural materials and contains no ------- dyes.
(A) immediate
(B) synthetic
(C) reasonable
(D) assumed

このようなイメージです。

ご覧いただいてわかるとおり、問題一つ一つの分量は決して多くありません。

いかにサクサク解いていくかが大事ですね。

Part5の出題のポイントを整理

それでは、Part5で一体どのような観点で問題が作成されて、出題されるかを説明します。

上のサンプル問題の例で言いますと、

Q101→品詞・語彙・文意  Q102 →文意・文構造・時制  Q103 →品詞・文意・語彙 Q104→コロケーション・文意 Q105→文意・語彙

このような感じになりますね。

一つ一つ解説は割愛しますが、ここで重要なのは、様々な英語の知識を複合的に使わないと解けない問題が多いということです。

単純に単語を知っているかだけの問題や、接続詞の中から適切なものを選択するような単純な問題はほとんど姿を消しました。

また問題の解法やコツはのちほど解説しましたが、そんなに単純な出題にはなっていないということを理解しておきましょう。

 

TOEICパート5の適切な時間配分

それでは、パート5にはどれぐらいの時間をかけたらよいのでしょうか。

結論から言うと、高得点を狙うのであれば、約10分で解きたいところです。

30問で約10分ですので、1問あたり20秒で解くことになります。

 

TOEICパート5の解き方のコツ

それでは、Part5を具体的にどのように解くべきかを2ステップで説明していきます。

①大意を掴む

皆さんがお持ちの攻略本と全く違うことを言うかもしれませんが、大前提としてまずは文意を掴んでください空欄の前後だけ見て素早く解こうとするのは非効率です

そもそも英単語というのは、同じ単語でも複数の意味を持っていたり、複数の品詞としても機能します。すなわち、前後だけ見ても、前後の単語やフレーズがどのような意味なのかは正確に計ることは不可能なのです。

もちろん、可能なケースも一定ありますが、みなさんがこれから解く問題が、可能なケースかそうでないケースかは出題者は教えてくれません。

可能でないケースで、前後だけ読んで素早く解こうとしても、それはドツボにはまるだけです。

1問あたり「20秒も」使えるのですから、普通に文全体をざっと読んで大意を掴むのです。

②品詞・時制・単数複数を意識する

全体の意味が取れれば、その空欄に文脈に合う単語を選んでいくわけですが、それだけでは選べないケースもあります。

同じ単語の語尾や品詞を変えているケースなどですね。この時、漠然と眺めて「どれがいいかな~」と1個1個入れてみて選ぶのではなく、自ら主体的に本文をもとに空欄の「品詞・時制・単数複数」を検討します。

必然的に、品詞や時制、単数複数での制限がかかってくると、ほぼほぼ選択肢の中から1つに選ぶことができるというわけです。

裏を返せば、問題の作り手というのは誤った選択肢を「品詞、時制、単数複数」をルールから外れた形で作っているという事実を認識しましょう。

手の内がわかれば、どこを見ればいいか一目瞭然ですね!

 

以上2つのステップを意識して問題を解くと、漠然と1つずつ当てはめて選択肢を選ぶよりも圧倒的にスピードが速いです。

 

【TOEIC】Part 5の勉強法・対策法|900点を超えるために

ここまで、問題の解き方について解説してきましたが、当然Inputがしっかりないと、無い袖は振れないという現象に陥ります。

知らない単語やフレーズ、コロケーションなどは、いくら考えても答えにたどりつきません。

それでは、Inputを充実させるための勉強法を3種解説します。

 

基礎が抜けてしまっている人はプロに習おう|スタディサプリENGLISH

英語があまり得意でない方や、大分昔学んだ知識が抜け漏れている懸念がある方は急がば回れでプロの講義を体系的に受けるべきです。

独学でも対応は可能なのでしょうが、どうしてもわかっていないところがあやふやなままですと、どこかで壁にぶち当たります。

スポーツでも何でも同じですが、基礎をしっかりと固めることが、TOEIC攻略の圧倒的正攻法な攻略法です。

 

そこでお勧めするのがスタディサプリ ENGLISHです。

私が大学生でTOEICを初めて受けたときなど、韓国人の先生のテクニック本がベストセラーでしたが、今はちゃんと日本語で動画で解説してくれる授業が破格の値段で受けられる奇跡の時代になりました。

本当のプロがTOEICのような単純な試験をしっかり解説してくれているので、もはや誰でもTOEIC900点程度であればクリアが可能な時代です。勉強するかしないかの違いで掛け算の九九のようなものですね。

勉強方法の好みは人それぞれですが、初心者~中級者であれば、スタディサプリ ENGLISHを使って1年~2年程度でTOEIC900点をサクッととってしまうのがベストな勉強法だと思います。

継続することは大事ですが、いたずらに長期戦に持ち込むのは非効率です。

スタディサプリENGLISHについては、私が受講した経験を踏まえた分析を別記事で公開していますので、興味あれば参照ください▶【完全版】スタディサプリENGLSIHで900点を目指すべき理由7選

 

 

Part5も公式問題集が鉄板

ある程度英語に自身があるという方であれば、基本的には公式問題集で数をこなせば十分でしょう。

公式問題集は7まで現在発売されており、各2セットありますので、

2セット×7冊×各30問=420問 の問題を解くことができます。

420問あれば、ETSがどういう基準で問題を作成して、何を問われているかも十分にご自身で体感することができるでしょう。

実際の解き方は、この記事での解説をベースに実践を重ねてもらえれば良いと思います。

 

単語も大事。ボキャビル強化は忘れずに。|金のフレーズ

最後に、単語や熟語、フレーズなどのInputですね。

公式問題集やスタディサプリなどでも当然一定量はInputができますが、漏れがでますので単語帳も行うべきです。

おすすめは『金のフレーズ』ですね。TOEICに本当によく出る内容に特化しているので、時間のない学習者様に最適です。

本当に高得点取得者の多くが取り組んでいる本であり、ぜひおすすめしたい一冊です。

 

 

いかがでしたでしょうか。TOEICパート5の解き方のコツや、勉強法についての解説をここまで行ってきました。

是非記載の内容で勉強して、TOEIC900点取得を達成しましょう!

 

最後に関連記事のご紹介です。

>>TOEIC900点への完全ロードマップ|パート別対策を24記事で英検1級が解説

>>【TOEIC】リスニングPart1解き方のコツ【英検1級が秘訣を解説】

>>【TOEIC対策】Part2解き方と正答のコツ7選|苦手な方向け勉強法

>>【TOEIC対策】Part3の解き方のコツとリスニング勉強法解説

>>【TOEIC対策】Part4の解き方のコツ|900点を狙うリスニング勉強法

>>【TOEIC】パート6が苦手な方向け解き方のコツ|おすすめ勉強法も解説

>>【TOEIC】パート7で時間が足りない理由と対策法|長文リーディング攻略のコツ

>>【TOEIC】ダブル・トリプルパッセージの解き方のコツ|900点を狙う長文対策法

 

スポンサーリンク

-TOEIC

Copyright© Learners’ PLUS|ラーナーズプラス , 2021 All Rights Reserved.