ビジネス知識

大学生に超絶おすすめの資格ランキングTOP7【MBAホルダーが解説】

迷える若者
大学生として遊ぶだけではなくて、少なからず周りを一歩リードしたいので、何か資格を取ろうと思うけどどんな資格がよいんだろう?
大学生のうちにとるべき資格か。コスパを考えて最強の資格7選を今日は紹介しよう
Marty

 

当記事では上記のテーマで、解説していきます。

大学のうちに何か一つスキルや資格を身に着けておきたいけど、どのように選べばよいかわからない」と感じている人も多いのではないでしょうか。

時間が一定あるとは言っても、どの資格に自分の時間やお金を投資するか決めるのは簡単ではないですよね。

そこで、そういったお悩みを持つ方に向けて、今日は現在大学生が取得すべき資格を複合的な観点からランキングし、解説していきます。

自分の得意分野や興味と照らし合わせて、是非自分にあった1つを選んで学習をスタートしてみてください。

まずは、執筆者について少し補足しておきます。

>>プロフィール詳細 >>Twitter >>YouTube

 

就活後、新卒で最大手の金融機関で人事部勤務ののち、社費MBA派遣で1年間社外にでて、現在本社でマーケティング業務を行っています。

資格取得を目的にしたことはありませんが、結果的に数多くの資格を取得している背景からそのコストや市場評価などもかなり詳細に分析ができると自負しています。

このようなバックグラウンドからどこよりもわかりやすく、詳細にランキングを解説していきますので、是非詳細をご確認ください。

 

大学生のうちに考えておくべきこと|資格取得の位置づけ

まずは、大学生のうちに考えておくべきことについて少しお話していきます。

人生いろいろなキャリアパスがありますが、いったんここでは「新卒で一定規模の企業に入社する」キャリアを想定してお話します。

 

就活をどう乗り切るか

日本の就活というのは世界的に見れば特殊です。新卒一括採用の動きは根強く、転職しながら市場価値を高めていくような働き方をしている人もまだまだ稀有です。

転職している人は一定いますが、市場価値や年収がそのタイミングで大きく上がっているという人はかなり少数派です。

そのため、幸か不幸か大学生時代の「就活」の意味合いが一定大きいのは事実です。もちろん、入社後キャリアを積んで、自ら道を切り拓くことはできますがそんなに簡単ではありません。

社会人になってからの転職というのは確固たるスキルや能力がないと極めて難しいぞ!
Marty

こういった背景から、大学生は就活を始める前に「自分の就職活動における価値」について考えておく必要があります。就活を始めてからでは「時すでに遅し」で差別化していくことは困難です。

そこで、当記事でのランキングには、資格が就活に与える影響についても一定ランキング設定根拠として分析していきます

是非大学生活の検討の視点としてランキングを活用してください。

 

入社後の自身の価値をどう差別化するか

入社後の競争も甘くはありません。

もちろん、自分の努力や能力が極めて適正に評価されて、自分がやりたい仕事を行える可能性もゼロではありませんが、頑張っているのは周りも同じですし、神様でもない限り客観的かつ正確に他人の仕事を評価するというのは至難の業です。

すなわち、運や社内政治、人間関係などコントロール不可能な要素も自分の評価(価値)に影響する可能性が高いです

こういった環境下で常に力を発揮するのが『資格』のような客観性のある指標です。ここには、運や政治や人間関係の要素はなく、特定の資格を保有している人は誰がどう評価しても一定の価値をもつわけです。

コントロールできないところで祈っても愚痴ってもしょうがない。自らを客観的に評価される人材に向上させるのが正攻法だ
Marty

何となく入社後にバラ色の社会人生活をイメージするのもよいですが、ある程度保守的に、最悪のシナリオでも勝ち抜いていけるような準備をしておくのが賢い大学生の戦略と言えます。

社会人になってから自分の時間で資格を取得するというのは極めて難しいです。可処分時間も限定的ですし、ストレスが多く勉強のリズムが作りづらいのです。

それゆえ、是非この後紹介するランキングを参考に、自身の社会人生活における市場価値について検討してみてください。

 

大学生におすすめの資格ランキングBEST7

ここからは、大学生に向けた資格ランキングを紹介していきます。まずは、検討の視点についてご紹介します。

まず前提として勉強時間が1,000時間を大幅に上回るようなものは、あまり比較の対象とすべきでないと判断して割愛しています(Ex:弁護士、会計士、税理士など)。その上で、比較検討の視点として設定したのは以下の項目です。

  1. 就活へのインパクト
  2. 市場価値
  3. 必要学習時間
  4. 難易度
  5. 社内価値

分析の要素についてはここまで解説してきたとおりですが、市場価値や社内での価値、就活での有利さと、難易度や必要学習時間のバランスを見ていきます。

それでは早速ですが、ランキングに移っていきます。

(★の評価については、評価が良いもしくは、難易度が低いものについて★の数を多く表示しています)

 

7位:マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

MOS 評価 詳細
就活へのインパクト 社会人になる意気込みをアピール可能
市場価値 市場価値へも影響はほとんどない
必要学習時間 学習はほぼ必要ない
難易度 難易度も非常に低い
社内価値 社内評価にはつながらない

第7位はマイクロソフトオフィススペシャリストです。TOP7の資格の中ではかなり合格は容易な資格であり、その簡便さから7位にランクインしています。

一方で人材価値という意味ではそこまで大きな変化はありません。ただし、大学生のうちからそうやって資格取得をしようとする姿勢は一定評価されます。

また、市場価値は抜きにしてこの資格でオフィス関係の基礎レベルを習得しておけば、入社後不必要に時間を取られる必要がなくなります。業務に専念できるので、そういった意味でもおすすめの資格です。

 

6位:ITパスポート

ITパスポート 評価 詳細
就活へのインパクト 社会人になる意気込みをアピール可能
市場価値 市場価値へも影響はそこまでない
必要学習時間 学習量は多くない(約100時間)
難易度 難易度は高
社内価値 社内評価ではややアピール可能

つづいて、6位はITパスポートです。

MOSが広く全員が使うオフィス系のスキルの証明であるのに対して、ITパスポートはよりテクニカルなIT部門の技術や知識の証明となります。また、こちらは国家資格であることも特徴です。

取得している人もそこまで多くはないので、社内でのアピールは一定可能になります。ただし部門等にもよる点は注意してください。

勉強については独学も可能と思いますが、安く講師の授業を受けたいという場合には、オンスク.JPがおすすめです。月額980円(税抜)で、ITパスポートに限らず約40種の講義動画が見放題となります。質については心配無用です。公認会計士などの講座で有名な予備校TACと提携しており、低価格ながらクオリティーは間違いありません。

もし、よりしっかりと腰を据えて取り組みたいということであれば、スタディングがおすすめです。税抜き7,980円と若干費用はしますが、それでも一発合格すれば十分ペイします。

 

5位:中小企業診断士

中小企業診断士 評価 詳細
就活へのインパクト 極めて高い専門性をアピール可能
市場価値 市場価値は一定高まる
必要学習時間 学習量は多くい(約1,000時間)
難易度 難易度高。一次35%二次20%程度の合格率
社内価値 社内評価ではややアピール可能

5位からは資格の価値が大分上がります。

中小企業診断士はその資格保有者も少なく、市場でも当然一定評価されます。企業へのコンサルティング業務や営業など幅広い業種で重宝される国家資格です。

就活では他社に差別化できること間違いありません。また、入社後も専門人材としてのフラグが立って、企業内でいわゆる「花形」的な部署に配属される可能性も高いでしょう。

一方で、直接的に「この業務に圧倒的な価値を発揮する」というレベルの専門性はなく、どうしても広く浅くの性質があります。

それゆえ「いずれ転職するときにどこまで価値を発揮するか」という観点で考えると、そこまで強い力はないとも言えます。

バランス型の資格であるので、なかなか突き抜けた評価をもらうのが難しいと言えるな
Marty

就活時や、社内競争を勝ち抜く上で最も価値を発揮するニュアンスです。ただ、これは一般論なので転職先の企業の経営者が「どうしても中小企業診断士が欲しい」と言えば、スポット的に自分の市場価値が高まる可能性も十分にあります。

中小企業診断士の対策については、以下の3社がおすすめです。

中小企業診断士オンライン対策

これらのオンラインスクールはいずれも非常に高く評価されており、実績も豊富です。完全独学はなかなかハードルが高いですので、是非こういったスクールの力を借りて対応していきましょう。

 

4位:FP2級(ファイナンシャルプランナー)

FP2級 評価 詳細
就活へのインパクト 学生としての熱意は示せる
市場価値 業種にもよるが一定高まる
必要学習時間 学習量は少ない(約150時間)
難易度 難易度低い。一次35%二次20%程度の合格率
社内価値 社内評価はそこまで高くない

4位はFP2級となります。こちらはコストパフォーマンスの観点でランクインしています。

5位の中小企業診断士ほどのパワーは就活時も入社以後もありませんが、誰でも簡単に取れる割には評価は一定されますので、短時間でさくっと資格を得たいという方にはおすすめです。

主に金融系のコンサルティング業務で力を発揮する資格ですので、そういった業界を目指す方にはおすすめです。

ただし、銀行や生損保では入社後の必須取得資格となっていることも多いので、いずれ差別化はできなくなることは認識しておきましょう。

逆に同期がFPを勉強しているときに、業務やその他の難易度の高い資格を目指すことも可能になるので、戦略的に大学時代にとるのもよいでしょう。

FP2級は独学でも可能だと思いますが、逆に長期戦になる可能性があるので多少お金をかけてでも、オンラインスクール等で効率的に学習することをおすすめします。

FP2級対策

  1. スタディング
  2. オンスク.JP
  3. フォーサイト

こちらの3校はいずれも合格実績も多く、利用すれば一発合格は確実にできるはずです。

 

3位:簿記1級

簿記1級 評価 詳細
就活へのインパクト 十分に即戦力として評価される
市場価値 業界問わず評価される
必要学習時間 学習量は多い(約1,000時間)
難易度 難易度高。約10%の合格率。
社内価値 社内評価も高い。

簿記1級は言わずと知れた、会計の最高峰の資格です。監査業務ではなく、社内の経理等を担うのであれば本当に重宝されます。

ただ逆に言うと、経理職以外でここまで深い会計知識を使うことは限定的であるので、将来を「経理」のような安定性の高い職種にささげたいという方が目指すべき資格といいます。

バランスが良いしかくというよりは、一点突破型のキャリア形成を狙う方にお勧めです。

簿記1級の専門性は高いが、ほかの能力と掛け合わせるのが難しいので市場価値に直接反映させづらい特徴があるぞ
Marty

簿記1級対策

  1. クレアール
  2. 資格スクール大栄
  3. 大原

こちらの3スクールも簿記1級のように非常に専門性の高い資格の対策にはお勧めとなっています。

 

2位:TOEIC900点

TOEIC900点 評価 詳細
就活へのインパクト 英語人材フラグが立つ
市場価値 専門性×英語で高い希少性
必要学習時間 学習量は多い(約1,000時間)
難易度 難易度は普通。継続すれば誰でも取れる。
社内価値 基本的に全企業が見る。社内評価も高い。

続いて、少し毛色の違う資格となりますが、TOEIC900点です。

幸か不幸か日本人で英語を使って仕事をできるレベルの人材というのは極めて少ないですので、まだまだ人材としての価値は高いです。

また、英語そのものを仕事にするケースでなければ、本業での専門性に英語が掛け合わせると爆発的な希少性を生み、市場で高く評価されます。

就活のタイミングでは「英語ができる人」の評価にとどまるかもしれませんが、入社以後着実に本業を行うことで自分の市場価値が高まっていくことが英語力のすごいところです。

英語のスキルというのは、どんな専門性とも掛け合わせることができるので市場価値に反映させやすいぞ!
Marty

もう何十年も前から英語力は大事と言われているわけですが、状況は今後も間違いなく継続します。AIで翻訳できる時代が来たとしてもビジネスで使える精度になるのは、大分先でしょう。

ここは若いうちにさくっとTOEICで高得点をとるというのが圧倒的に勝ち組ですので、是非腰を据えて取り組みましょう。

大学生がTOEIC900点を目指すべき理由については以下の記事で徹底解説しています。

Check it Out
大学生がTOEIC900点を目指すべき理由7選【英検1級MBAホルダーが解説】

続きを見る

 

また、900点を目指すためのロードマップについては以下の記事で解説していますので、こちらも併せてご覧ください。

Check it Out
TOEIC900点への完全ロードマップ|パート別対策を24記事で英検1級が解説

続きを見る

こちらの3スクールもいわゆる英語特化型のスクールであり、非常にお勧めです。

スタサプについては私の経験も踏まえて以下の記事で解説していますので併せてご覧ください。

>>【TOEIC】英語初心者がスタディサプリで900点を狙うべき理由7選+口コミ

 

1位:USCPA(米国公認会計士)

USCPA 評価 詳細
就活へのインパクト 英語×IT×会計全てで高評価
市場価値 専門性×英語×会計×ITで高い希少性
必要学習時間 学習量は多い(約1,000時間)
難易度 難易度は普通。日本人合格率は43.1%。
社内価値 英語×会計のインパクトは最強

栄えある第1位は米国公認会計士(USCPA)です。

米国公認会計士はアメリカのみならずオーストラリアやシンガポールなど、世界中で相互協定が結ばれ業務が可能になるほど評価されている資格です。

会計監査関連の知識のみならず、ITや経済学・経営学など幅広い知識やスキルが問われるので、ビジネスの総合力が評価されると言えます。

大企業のCEOやCFOが持っていることが多く、監査法人に勤める人のためだけの資格ではないぞ!
Marty

勉強時間は社会人が働きながら学習すると1,000時間程度必要になりますが、大学生のようにまとまった時間が確保できる環境であれば、700~800時間程度で合格可能と言われています。

一定労力は必要であるものの、上記のマトリクスのとおり、市場や社内での評価は非常に高く、今後の可能性も大きいです。

当然ですが、人材の市場価値というのはその人の希少性で決まります。どこにでもいるような人は安い報酬しかもらえず、貴重で稀有な人材は高い報酬を払ってでも雇いたいのです。

これは、市場の原理原則なので、いつの時代でも変わることがありません。野菜が取れない年は価格が上がるのと根本的には同じ原理です。

米国公認会計士はとにかく市場で今後も必要とされるであろう3つの能力の高さを証明することができます。すなわち「英語」×「会計」×「IT」ですね。

おそらく読者のみなさまの中で、この3つが今後不要になると思っている方はいないでしょう。むしろよりその重要性は高まる傾向があると言えます。

「ビジネスの三種の神器」と呼ばれることも多くなっているな。それだけ市場でも認知されている能力だ!
Marty

これらの理由から、総合的に現在大学生が取得すべき資格の第一位となりました。

少しでも興味をもたれたら、是非スクールでの無料資料請求をしてみましょう。USCPA特化型のスクールであるアビタスが圧倒的におすすめです。

合格者の数が圧倒的(4,000人以上)で、ほとんどの合格者が利用しているスクールとなっています。

 

ご興味を少しでも持たれたら、まずは「今」読めるウェブパンフを確認しましょう。もちろん、無料ですので、忘れないうちに確認しましょう!

\無料ウェブパンフを今読もう!/

 

興味をもったら、まずは以下の記事から読んでみましょう!USCPA予備校のイメージがつかめると思います。

>>USCPA予備校比較 | アビタスが断トツおすすめな理由8選【口コミ・割引も紹介】

 

▼USCPA(米国公認会計士)の将来性について▼

>>USCPA(米国公認会計士)の将来性と市場価値|未来を切り開くのは自分自身

▼USCPA(米国公認会計士)のキャリアパスについて▼

>>【転職希望者必読】USCPA(米国公認会計士)取得後キャリアパス|未経験者でもニーズ高!

>>USCPA取得後に監査法人BIG4へ確実に転職するための5つの心得

 

 

スポンサーリンク

-ビジネス知識

Copyright© Learners’ PLUS|ラーナーズプラス , 2021 All Rights Reserved.