検討中の方へ

大原vsアビタス|USCPA(米国公認会計士)予備校比較

迷える若者
USCPAの予備校選びは大事だっていうけど、やっぱり大原とか聞いたことのある予備校が良いのかな?
誰かまとめて教えてくれないかな?
USCPAの予備校選びか!それは、もうアビタスがおすすめではあるが、バックボーンにもよるな。今日は大原とアビタスの比較を展開していくぞ!
Marty

 

当記事では上記のようなお悩みを解決していきます。

まずは記事の執筆者である私について少し説明させてください。

>>プロフィール詳細 >>Twitter >>YouTube

会計関連の業務に従事したこともありませんし、簿記2級ももっていませんが、約1年でUSCPA取得にいたりました。

その経験を踏まえて、客観的に予備校比較を行っていきたいと思います。

既に米国公認会計士の予備校選びについてはいくつか記事を書いているので、まずはそちらの紹介からさせてください。

 

▼①そもそもUSCPA対策に予備校は必要なのか?というテーマは▼

Check it Out!!
USCPA(米国公認会計士)で独学を避けるべき理由7選|教材(テキスト)が皆無

続きを見る

 

▼②USCPA予備校の一つ TACと私が通っているアビタスの比較は▼

Check it Out!!
アビタスvs.TAC|USCPA(米国公認会計士)大手予備校比較

続きを見る

 

▼③私の体験も交えてアビタスについて徹底分析した記事は▼

Check it Out!!
USCPA予備校比較 | アビタスが断トツおすすめな理由8選【口コミ・割引も紹介】

続きを見る

 

それでは、今日のテーマに入っていきますが、大原はTVコマーシャルなどでも有名な「本気になったら」の予備校です。

USCPAについても本気になったら大原を使うべきなのでしょうか。

そのあたりを、私の母校であるアビタスの強みと比較しながら解説していきます。

もちろん、皆様の置かれた環境によって予備校選びの正解は変わってきますので、記事を参考に是非自分自身で考えてみてください!

 

大原 vs.アビタス|USCPA大手2校の徹底比較

それでは、大原が自社の強みと掲げるポイントについて、アビタスと比較しながら見ていきましょう!!

基本的にWEBを中心に学習する生徒を想定しています。ビジネスマンは忙しいですからね。

 

①英語の講義と日本語の講義どちらでも学べる

英語に難がある人にとっては全く意味をもたないと思いますが、米国で人気のRodger氏の英語での授業を選択できます

帰国子女であったり、海外の大学に留学していたというようなバックグラウンドをお持ちでしたら、おすすめです。

アウトプットも英語の試験ですので、わざわざインプットを日本語にするのは無駄ですよね。

もっと言えば、アビタスなどでは、日本語の解説になるので問題集を解くまで、解説ででてきた日本語が英語でどのように言い回しされるのかがわからないことがあります。

どうしても日本語でインプットするには少なからず弊害がでるので、英語のバックグラウンドがあれば大原はおすすめです。

 

ただし、海外経験ないけどTOEIC900点程度あるから、というようなレベルならやめた方がよいです。

そもそも母国語で聞いても難しい内容を、英語で学ぶのは非効率で理解が浅くなります。

英語がほぼ母国語だという方のみにおすすめします。

(私自身TOEIC940点、英検1級をもっていましたが、日本語で解説するスクールを探しました)

大原は日本語の講義も用意しているので、どちらを受講するかはご自身で選んでいけばよいですね。

 

②テキストは質に定評のあるRodger(英語)を使用。英語力に不安にある人は日本語レジュメも用意

こちらも、英語力に難がある人にとってはただの弊害になってしまうと思いますが、ベースのテキストが英語です。

それに対応した日本語のレジュメが入手可能なようですが、テキスト自体の日本語版は無いようです。

繰り返しになりますが、英語がほぼ母国語ならよいでしょうが、そうでなければ理解が浅くなったり、学習効率が下がるだけです。

授業は日本語版があるが、テキストはないというのはなかなか苦しいかもしれません。

もちろん、帰国子女の方にとっては、日本語を介在させない方が無駄に日本語の会計用語に触れなくて済むので効率的です。

 

③フォロー制度も充実(メール質問対応・受験手続きアドバイス・ライセンス取得サポート)

英語講義・日本語講義ともにメールにて質問が可能です。

受験手続きアドバイスや、ライセンス取得にかかるサポートも有料で用意があるようなのでこちらも安心です。

アビタス等の他校ともあまり差異はなさそうですね。

 

④WEBコースなら世界中どこでも学べる(どうやらリアルタイムの授業は無い?)

WEBなので、当たり前なのですが世界中から受講ができます。

スマートフォンやタブレット端末でも速度調整しながらの再生ができるようです。

ただし、アビタスが用意しているような電子テキストについては説明がないので準備していないものと思います。

ビジネスマンは分厚いテキストを日中持ち歩くのはなかなか難しいので、地味にアビタスの電子テキストはメリットが大きいと思います。

タブレット一つで、書き込んだりなんどもテキストに触れることができますので。

 

⑤フルパック料金には、単位追加取得が含まれる(会計18単位・ビジネス6単位)

出願やライセンス取得の際に、学部時代の単位が足りないと追加で取得する必要があります。

ここをサポートする制度を各スクール用意しています。

ただ、大原はウェブサイトでもどこの大学と提携していて、どのようにしたら単位がとれるのか記載が発見できません。

少し不親切でしょうか。アビタスは自宅での受験で単位取得可能で、TACはテストセンターでの受験が必要です。

大原のフルパック料金には合計24単位の追加取得費用が含まれています。

アビタスのライトパックだと15単位ですので、大原の方が良心的ですね。

参考までに、アビタスは15単位を超える分は個別に追加購入できますし、フルパックという53単位追加取得できるプランも用意しています。

 

⑥各校に自習室あり

全国に約50の大原の校舎があります。

先述のとおりライブの授業は無いようですが、自習室を使いたいということであれば便利ですね。

読者の皆様の勤務地やご自宅の場所と大原の校舎をご確認ください。

 

⑦料金

先に説明した、フルパック(追加24単位取得含)のウェブ講座で、499,400円です。

一方アビタスはライトパック(追加15単位取得含)で563,500円です。

料金の差はそこまで大きくないですが、サポートサービスの差異が一定ある点は注意が必要でしょう。

 

大原 vs.アビタスの比較ポイントまとめ(バックグランドによる)

以上が大原が説明する強みなのですが、最後にまとめと、アビタスサイドの強みポイントも含めて整理しますね。

これまでは大原が情報提供している事項に焦点をしぼっていましたが、その他の論点も記載しより客観的に整理していきます。

相違点総まとめ

  • 大原は英語テキスト・英語講義を有しているのが特徴帰国子女等英語が母国語の方にはおすすめ
  • 大原は全国に校舎があるので自習室は住んでいる地域によって利便性あり。
  • 大原は単位取得の方法や提携校の情報が確認できないが、パックに含まれる単位数は多い
  • アビタスにはLIVEでの講義が受けられる。なかなかペースがつかめないという人は土日にLIVE講義を受けると一定のペースで学習が進みます。
  • アビタスは直前講義で直近の出題傾向を踏まえた内容の説明をLIVE提供。法改正などの影響を受ける試験ですから、こういった対応はありがたい。
  • アビタスは電子テキストを無料提供。ビジネスマンは重いテキストをなかなか毎日持ち歩けないのでこれは絶対的におすすめ。

 

いかがでしたでしょうか。もちろん正解はないので、ご自身にあったスクールを是非ご検討ください。

少なくともアビタスについては、超凡人の私をUSCPAライセンスホルダーにしたという功績?がありますので、絶対的におすすめできます。

アビタスは、3分程度でWebパンフレットがその場で見れるので、是非以下のリンクから興味があれば確認してみてください。

帰国子女で日本語より英語が得意だ、という方は是非大原ご検討ください。

日本語が母国語の方向け

アビタス公式ウェブサイト

英語が母国語の方におすすめ

大原公式サイト

 

当記事のUSCPA関連の記事はすべて以下のサイトマップに網羅されています。全体像を確認したい方はこちらからどうぞ。

>>USCPA(米国公認会計士)サイトマップ

最後に、以下の記事▼▼では「USCPAの試験詳細、必要英語力、将来性、年収水準、キャリアパス」などの資格取得を検討している方に知っていていただきたい全ての情報をまとめています。是非こちらも併せてご覧ください。

必見|完全版
【完全版】USCPAを検討中の方に伝えたいことを13記事でホルダーが詳細解説

続きを見る

 

スポンサーリンク

-検討中の方へ

Copyright© Learners’ PLUS|ラーナーズプラス , 2021 All Rights Reserved.